クイックリンク

2012年2月28日火曜日

R53 クーパーS エンジンチェックランプ点灯

R53 クーパーS エンジンチェックランプ点灯
 
R53 COOPER S CHECKMATEにお乗りのオーナーさんが、
エンジンチェックランプ点灯で来店されました。
コンピューター診断と、車両点検の結果、
クランクプーリーが、ガタついており、ファンベルトが、切れかかっていました。
早速、車をお預かりし、修理開始です。
クランクプーリー(バイブレーションダンパ)を取り外してみると・・・
左が新品で、右が取り外したプーリーです。
見た目は、そう変わりませんが・・・
右のプーリーは、完全に分離していました。
ゴムが完全に焼き切れてしまっています。
こうなってしまうと、プーリーにガタが生じ、
プーリーに掛かっているベルトがジグザグに動き、その結果、
ベルト外れや、ベルト切れに繋がります。
もちろん、エンジンチェックランプ点灯にも繋がります。
 クランクプーリーを取り外した様子
エンジンブロック外壁に、プーリーが当たった傷はあるものの、
クランクシャフト自体は、特に問題なしです。
今回は、クランクプーリー以外に、
ファンベルト、ベルトテンショナー、アジャスティングプーリーを同時交換します。
交換部品をすべて組み付け、再度、コンピューター診断を行い、
テストドライブを終え、作業完了です。
今回、ご紹介した、クランクプーリーは、純正品交換ですが、
修理ついでに、軽量クランクプーリー取付など、
チューニングされるオーナーさんも沢山いらっしゃいますので、
先ずは、点検されてみてはいかがでしょうか?
ではでは・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿